梅田0号展 2021

毎年の恒例となりました、0号サイズのみの展覧会!

0号というどこにでも飾りやすい、お手頃サイズでお手頃価格!
しかも今売り出し中の作家や活躍中の若手作家の作品を中心に、見るのも選ぶのも楽しい展覧会です!

小さくてもお値打ちのある作品であなたのお部屋を飾りませんか?!

ご来廊のお客様は、ご購入作品をそのままお持ち帰りいただけます!

 

「0号のサイズ」F0号(180×140mm)、P0号(180×120mm)、M0号(180×100mm)、S0号(180×180mm)

※額装された作品は、これより大きくなります。


 ↓ ※作家名の50音順になっております。

   画像はイメージです。出展されない作品もございますのでご了承下さい。


青木香織 AOKI Kaori

 

私は人間の「心情」がうつろいゆく姿に心惹かれる。

描きたいのは、明確な形や色、言葉にもならないもの。

視覚で捉えることのできない、人間のうつろいゆく心情の姿である。

描かれた画面上に我々が生きている「この世」の一部あるように見え、

そこから垣間見える生命感こそ、絵画のもつ魅力ともいえるのではないだろうか。

 

 

1995年 福井県にて生まれる

2020年 嵯峨美術大学 大学院 造形絵画分野 卒業

 

 

 


井口舞子 IGUCHI Maiko

 

主なモチーフは日常と植物、自然物。

晴れた日に散歩しているような、または静かな夜に灯りに照らされるような、

日々を生きる中で救いや希望を見いだせるような絵を目指しています。

 

 

1996年生まれ 大阪出身大阪在住 

2016年大阪デザイナー専門学校 研究科イラストレーションコース 卒業 

2016年より主に関西中心に催事や展示会イベントなどで活動中

 

Twitter / @maiko_iguchi

Instagram / maiko_iguchi

 

 


石川愛子 ISHIKAWA Aiko

 

絵に向かう時に湧き上がる感情を空想上のいきものやおばけに表しています。幼少期から見ていた本や映像の影響か、自分の身体を抜け出しておばけや怪獣になるようなイメージが出てきます。

油絵の前に紙にボールペンでドローイングを描くのですが、線を走らせる間に無心になり、自分で見えていなかった感情や思い描くイメージを発見します。

次に油絵にする時には色や物質感、筆跡の流れを意識するので、より計画が必要になりますが、等身大の自分の感覚から離れすぎないように意識しています。

 

 

2018年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画修了。

2019年にOギャラリー(東京)、2020年「ワニを育てるためのプラン」ギャラリー恵風(京都)個展開催。

2019年にグループ展「私を辿るユビキタス 存在の構図」(エビスアートラボ・名古屋)に参加。第36期「国際瀧冨士美術賞」にて優秀賞、第22回グラフィック「1_WALL」グラフィック部門で審査員奨励賞を受賞。 


猪瀬名月 INOSE Natsuki

 

「生の肯定」を軸に、その時々の世間の出来事や自身の感情、時代の流れを記録するようにタブロー作品を制作しています。

今回の展示作品は2020seriesと題した作品です。コロナ禍の中生命体として再生する地球、その生命力を可視化しました。

 

 

1995年 大阪生まれ

2018年 京都芸術大学(旧:京都造形芸術大学) 日本画コース卒業

天保山ギャラリー取扱い画家

 

主な展示歴

2016年 グループ展「椽」(京都|アートギャラリー北野)

2017年 個展「ないないの万感」(京都|東山青少年センター)

2018年    2018年度京都造形芸術大学卒業制作展 (京都|京都造形芸術大学)

             「キテ・ミテ中之島」(大阪|京阪中之島駅構内)

            個展「猪瀬なつの実〜宝石でえがく絵本の世界展〜」(兵庫|川西市立川西中学校)

2019年   個展「星の世界で祈りを」(京都|ギャラリー百合庵)

2020年 グループ展「みんなのアマビエ展」(大阪|大阪府立中之島図書館) 


おおうえなおこ  OUE Naoko

 

大阪在住。

使用画材はアクリル絵の具・水彩色鉛筆・鉛筆。

少女をモチーフとした絵を描いています。

生きていく中で生まれる様々な感情を少女を通し表現しています。

 


小形 栞  OGATA Shiori

 

移ろう日本の美と刻む文様や、人工的と自然的なものなど、反対要素を組み合わせて表現しています。相反するものの融合を通して、新たな日本の美を生み出すことが目標です。

 

 

2019 個展「移ろう/刻む」(芝田町画廊/大阪)

    アートオリンピア 準佳作 

    ART POINT SelectionⅡ(GALLERY ART POINT/東京 同20年)

  「画心展」立島惠セレクション小品展(耀画廊 / 東京)

    第28回奨学生美術展(佐藤美術館 / 東京)

    学生日本画展示(ホテルグランヴィア京都)

    学園前アートフェスタ(西部会館/奈良)  

2020 京都造形芸術大学大学院 ペインティング領域日本画 修士課程修了

    山本冬彦選抜展(ちいさいおうち/京都)

2021 日本画新展(美術館えきKYOTO/京都)

他、グループ展多数

 

 


奥井美貴  OKUI Miki

 

植物や動物などの有機的なかたちをモチーフに光景を描いています。

色彩の強弱とかたちのイメージがつくる前後関係や距離感を探りながら、その中に流れる時間を表現しています。

 

 

1997年  京都芸術短期大学(現・京都芸術大学)

           専攻科美術専攻洋画コース修了

2013年 「奥井美貴 個展-Floating-」(Gallery幹/京都)

          「次世代をになう現代アート作家展」(近鉄百貨店上本町/大阪)

2014年 「自由美術関西展」(京都市美術館/京都)

2015年 「斉藤真人×奥井美貴 2人展」(Gallery SUZUKI/京都)

          「奥井美貴 作品展」(友愛診療所/京都)

2016年 「同時代・アンデパンダン展」(同時代ギャラリー/京都)

2017年 「斉藤真人×奥井美貴 Re:イメージの変遷」(Window Gallery Oct/京都)

          「神戸アートマルシェ2017」(神戸メリケンパークオリエンタルホテル/兵庫)

2018年 「奥井美貴 個展-Indication-」(同時代ギャラリーgallery shop collage/京都)

2019年 「igu_m_art企画展『個』展vol.2」(igu_m_art/大阪)

2020年 「梅田0号展2020」(芝田町画廊/大阪)

     「牛アート展『すぐそこに牛が居る』」(芝田町画廊/大阪) 

      

Insta/@mikiokui

facebook.com/mikiokui.work


花 織 KAORI

 

コンセプト: 立花様式をベースとした依代たち

 

 

略歴:

2018年 京都造形芸術大学大学院 修了

     京都造形芸術大学大学院修了制作展(京都造形芸術大学)

     シュレディンガーの猫展[修了制作展東京選抜展](東京都美術館)

2019年 第10回展々展(京都府立文化芸術会館)

2020年 KochiArtMesse Vol.2(高知文化プラザかるぽーと)

            第10回贈りもの展(ギャラリー恵風)

    花織・橋田真季・前島恵里乃〜日本画三人展〜(芝田町画廊)

2021年 KochiArtMesse Vol.3 (高知文化プラザかるぽーと)

 

 

 


貴納大輔  KINO Daisuke

 

可愛い動物や人の暮らしのワンシーンを描いています。

物語を想像しながら、楽しんでご覧頂ければと思います。

オーダーやワークショップなども随時承らせて頂いておりますので、

ご興味のある方は是非、ご連絡頂ければ幸いです。

 

 

  関西を中心に活動をしているイラストレーター。  

・個展『とある街の風景 展』(Gallery & Café AQUA)

・個展『とある街のいろいろな扉 展』 (GALLERY龍屋 トイレギャラリー) 

・神戸アートマルシェ2018出展(芝田町画廊)

・個展『はじめてのまち』(galleryそら)

・個展『とある街にふゆがきました』(Beauty & gallery hana輪)

・個展『とある街の一日』 (Beauty & gallery hana輪)

・阪神阪急百貨店 西宮店 ワークショップ その他多数。

・講談社絵本『ホーキのララ』(作・沢木耕太郎 絵・貴納大輔)

・チャームケアコーポレーション チャーム内インテリア用イラスト 納品

・積水ハウス シャーメゾンエントランス用イラスト 納品

・株式会社アフロ デザイナーズ年賀状 イラスト 納品 

 

《主な受賞歴》

・講談社『BE・LOVE』第一回エッセイコミック大賞/入選

・KFSアートコンテスト三井住友海上火災賞/受賞

・KFSアートコンテスト信英広告賞/受賞

・GALLERY龍屋『タツコン2016』 龍屋賞 /受賞

・芝田町画廊主催『吉田杯-小作品コンテスト』/優勝

・galleryそら『第12回151人展』オーディエンス賞/受賞 


児玉桃子  KODAMA Touko

 

透明感やシンプルのなかにある美しさと、身近な生活の中での疑問や感情をコンセプトにシルクスクリーンなどを用いて制作

 

・今回の作品のコンセプト

    今の不安定で混沌とした状況の中での様々な感情を表現しています。

 

 

2013 京都精華大学芸術学部素材表現学科テキスタイルコース 卒業

         わわわ展/芝田町画廊

         フラット 染色のメチエシリーズvol.1/ギャラリーマロニエSPACE5

2015 フラスコ展/モーネンスコンピス

         ふたりの星座展

         フラット/Gallery H.O.T

2017 mix touko kodama exhibition/モーネンスコンピス

2018 版画の魅力展 vol.6(後期)


城 愛音  JO Aine

 

人物の瞬間を切り取り、鮮やかな色彩を紡いでゆく。ストロークの重なりが画面内を流動し、光を捉えたかのように輝きを放つ。相手を描いているのか私自身なのか。筆の方向次第で顔は表情を変化させ、金属的な煌きの中へ溶けてゆく。画面と向き合いながら色を選び取り、疾走、焦燥、軽やかさを感じて絵画の浮遊感を探っている。

 

 

1994年  大阪府生まれ

2019年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画 修了

 

個展

2017年 「MELT MEL」 同時代ギャラリー(京都)

2018年 「MEL NEON」 芝田町画廊(大阪)

2018年 「short pieces」 同時代ギャラリーshop college(京都)

2019年 「あの日から」TAKU SOMETANI GALLERY(東京)

2019年 「閃光」ギャラリー恵風(京都)

2020年 「contact 」 同時代ギャラリーBis(京都)

2020年 「contactⅡ」 芝田町画廊(大阪)

 

主なグループ展

2018年    ARTIST FAIR KYOTO京都アートラウンジ HOTEL ANTEROOM KYOTO(京都)

2019年  Kyoto Art for Tomorrow 2019(新鋭選抜展) 京都文化博物館(京都)

2019年  ART FAIR TOKYO 「Future Artists Tokyo」 東京国際フォーラム(東京)

2019年  ARTIST FAIR KYOTO 京都文化博物館別館(京都)

2020年  VOCA展2020(東京)

2020年 「ゲシュタルトの祈り」2kw gallery(滋賀)

2020年 「小川直樹・城愛音」Ogallery(東京)

 

受賞歴他

2015年   第 66 回奈良県美術展覧会「知事賞」 

2016年   国際瀧富士美術賞「優秀賞」 

2017年   2016 年度京都市立芸術大学作品展(卒業制作展)「同窓会賞」

2017年 第32回ホルベイン・スカラシップ奨学生

2017年 京都銀行美術支援制度 奨学生

 


新村葉月  SHIMMURA Haduki

  

https://tus0mura.wixsite.com/hadukishimmura

 

「痕跡」をテーマに、人間の意識的/無意識的な動作、環境が作り出すリズムやコンポジション、色彩等が、都市の中で相互に関わり合って 成立する瞬間を追求している。 

 

略歴

大阪教育大学大学院 芸術文化専攻 修了

2016年 個展「痕跡ーTracesー」MU東心斎橋画廊/大阪

2018年 個展「都市に生きる」アトリエ三月/大阪

2019年 「ART START UP 100」代官山ヒルサイドテラスF棟/東京

 

 


菅野愛沙子 SUGANO Asako

 

ふとした時に思い浮かぶ風景を整理しながら描いています。

作品を通して、現実逃避のお手伝いができますと幸いです。

 

 

1990年生まれ 大阪府出身

京都嵯峨芸術大学版画分野卒業

 

 

 


土淵麻衣 DOBUCHI Mai

 

命の儚さに惹かれて、人物や植物をモチーフに日本画画材を使用して絵画制作をしています。

 

1991 京都府生まれ

2014 京都市立芸術大学美術学部美術科 日本画専攻 卒業

 

2015 第14回福知山市佐藤太清賞公募美術展 日本画の部入選

2016 京都市立芸術大学大学院美術研究科 修士課程絵画専攻日本画 修了

        「櫂-kai- 京都市立芸術大学日本画 川嶋渉研究室修了生展」(Art Space-MEISEI/京都)以後'17,'18,'19出品

2017 「ART POINT Selection V」(GALLERY ART POINT/東京銀座)

2018 「梅田0号展」(芝田町画廊/大阪)以後'19出品

          個展「土淵麻衣展」(GALLERY ART POINT.bis/東京銀座)

          第35回亀岡市美術展 知事賞

         「神戸アートマルシェ2018」(神戸メリケンパークオリエンタルホテル/神戸)

         「INTRO7-コレクター山本冬彦が選ぶ若手作家展-」(アートコンプレックスセンター/東京新宿)

2019 「ART POINT in Paris」(Galelie Métanoïa/パリ)

         「アートフェア芝田 2019」(芝田町画廊/大阪)

ほかグループ展多数出品


ノノモト  NONOMOTO

 

日本画の画材や色鉛筆・水彩などを使って絵を描いています。

強かで孤独な人を描きます。

 

 

1996年生まれ

倉敷芸術科学大学卒業

 

 

 

 


八太栄里  HATTA Eri

 

1989年京都府生まれ

時の経過の中で取り残され、忘れ去られていくものが放つ存在感に注目し、その土地の気配や記憶、そこにまつわる人の記憶や魂など、目に見えないものの形を想像し画面に現すことを目指している。

ありふれた景色を拾い、絵画として成立させることで日常の見方を変え、新たな思考を働かせるきっかけを展開する。

画材は主にアクリル絵具。

http://ellie.egoism.jp

 

 

主な個展

2017  気配、滅んでいくまで|GALLERY龍屋(愛知)

          暮れる日|AIR南山城村(京都)

          心象とドローイング| GALLERY SPOON(大阪)

          エンドロール| The Artcomplex Center of Tokyo(東京)

2018  忘れようとしても思い出せない|アトリエ「空白」(大阪)

          いたかもしれない| GALLERY SPOON(大阪)

2019  経年のゴースト|GALLERY龍屋(愛知)

          浮かんでいる風景|MASATAKA CONTEMPORARY(東京)

2020  在りし日の標 | 芝田町画廊(大阪)

 


濱野裕理  HAMANO Yuri

 

主に絵画を制作していています。

心の内側にある心象を描きながら、自分自身の存在やそれを取り巻くいま現在の社会について考察しています。

 

「私とは何か。世界とは何か。」

「私たちは何処からきて何処に向かうのか。」

 

これは私が子供の頃からずっと持ち続けてきた疑問で、私の制作の大きなテーマのひとつです。

私が描き続けるのは、このような考えても答えが出ないような途方もない疑問たちに、これからも真摯に向き合っていくんだ、という宣言でもあります。

 

 

美術作家。

2009年、京都嵯峨芸術大学 造形学科油画分野を卒業。

以後、個展やアートフェアなど精力的に活動を続けている。

近年出品参加した主な展覧会は「京都府新鋭選抜展2017 -Kyoto Art for Tomorrow-」(京都文化博物館/京都/2017年)、「神戸アートマルシェ2018」(神戸メリケンパークオリエンタルホテル/兵庫/2018年)、「東美アートフェア2018」(東京美術倶楽部/東京/2018年)、「Pebeo Art prize 2019」(Menier Gallery/UK/2019年)、「濱野裕理 展 -祈りにも似た世界-」(伊勢丹新宿店本館6階アート&フレーム/東京/2020年)、「濱野裕理 展 -祈りにも似た世界-」(ヒルトンプラザwest 3階/大阪/2020年)などがある。

 

濱野裕理 HP☞http://hamanoyuri.net/

 


濱元祐佳  HAMAMOTO Yuka

 

ぬいぐるみをモチーフに油絵の制作をしています。

ぬいぐるみの可愛らしさとは裏腹に、愛着や幼少期のトラウマなど、相反し複雑に絡み合う記憶と感情をシニカルな面持ちで表したいと思っています。

今回は歪みをテーマに愛らしくもあり、恐ろしくもある、そんなぬいぐるみたちを小作品に詰め込みました。

 

 

1995 兵庫県生まれ

2018  広島市立大学芸術学部美術学科油絵専攻 卒業

2020  広島市立大学大学院芸術学研究科博士前期課程 修了

 

〈主な展覧会〉

2018  「新涼灯火」イロリムラ/大阪

2019  「梅田0号展2019」芝田町画廊/大阪

          「犀の角たち」ギャラリーアートもりもと/東京

          「Little pleasure」イロリムラ/大阪

2020  「梅田0号展2020」芝田町画廊/大阪

          「第57回太陽展」日動画廊/東京

          「第14回夏の会展」日動画廊/東京

     「第3回 RUBICON REBOOT」東邦アート/東京

   「芸術抄:Art Show!」芝田町画廊/大阪

   「第45回日動展」日動画廊/東京

   「第59日ミニヨン展」日動画廊/東京

 

〈受賞歴〉

2018  「第21回広島市立大学芸術学部卒業・修了作品展」卒業制作、優秀賞/芸術資料館買い上げ

          「第5回未来展」グランプリ受賞 

2019  「第54回昭和会展」パリ賞受賞

2020  「第23回広島市立大学芸術学部卒業・修了作品展」 修了制作、優秀賞/芸術資料館買い上げ

 

濱元祐佳HP▼

https://yukahamamoto.amebaownd.com

 


はやしだちか  HAYASHIDA Chika

 

女性特有の一喜一憂しやすい複雑な心情を美しく感じ、寄り添い強く生きていく作品を制作。

黒と白のみを使い、何色にも染まらない女性を表現する。

近年ではモノクロの上から色を重ね、受容していく優しさも描く。

 

 

京都府出身、大阪府在住。

2010年 大阪デザイナー専門学校 イラストレーション学科 卒業。

 

■主な個展

2013年 【Devilish girls】(展現舎/大阪)

2017年 【BEYOND THE DARK】(SUNABAギャラリー/大阪)

2018年 【Reverie】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2019年 【黒を装い、白を纏う。】(みうらじろうギャラリーbis/東京)

2020年 【unwavering】(SUNABAギャラリー/大阪)

 

■主なグループ展

2014年 モノクロ展(展現舎/大阪)

Girly展(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2015年 【乙女戯画】(藤井大丸1Fショーウインドー/京都)

【UTOPIA 2】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2016年 【瞳の中の迷宮】(アトリエ「空白」/大阪)

【猫の中の猫】(乙画廊/大阪)

【UTOPIA HUGE】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2017年 ガールズアートコレクション【エイプリルフールの告白】(阪神百貨店梅田本店/大阪)

【BEAUTY OF JAPAN AND SOUL OF CREATION】(ロンドン)

2018年 梅田0号展(芝田町画廊/大阪)

【TEAM-TAN オールスターズ】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

【TEAM-TAN オールスターズ】巡回(騒ギニ乗ジテ/大阪)

2019年 SUMMER SALE 2019(SUNABAギャラリー/大阪)

【GOKUSEN展】(GALLERY TATSUYA TOKYO/東京)

2020年  【天球遊戯】(SUNABAギャラリー/大阪)

      【秘められたる魔性3】(みうらじろうギャラリーbis/東京)

 

■主なアートフェア・芸術祭

2012年 【ART OSAKA 2012】展現舎ブース(ホテルグランヴィア大阪/大阪)

2015年 【ART FAIR ASIA / FUKUOKA 2015】アートスペース亜蛮人ブース(ソラリア西鉄ホテル/福岡)

2016年 くどやま芸術祭2016(和歌山県九度山町)

2017年~ くどやまアートウィーク(和歌山県九度山町)以後毎年

 

その他、グループ展やイベントを中心に展示多数。


保坂有美  HOSAKA Yumi

 

豊かな光のような作品を世に出していきたい。

 

 

和歌山県出身

アニメーション背景会社に入社後フリーに

2018年より作家活動を始める

2019年   つくし芸術祭つくし賞、 テーマ賞受賞

     unknown asia(梅田グランフロント) アートフェア参加

     名古屋ロフトデザイン用品売場 にて展示

2020年 ZEROTEN (ギャラリー龍屋東京、愛知)

     猫会議2020(Reijinsha Gallery 日本橋)

     indipendent tokyo 2020 (タグボートアートフェア)審査員特別賞 受賞

2021年 Tatsucon Selection 2021 -Tokyo(ギャラリー龍屋東京)

 


穂波梅太郎  HONAMI Umetaro

 

石川県 輪島市出身

大阪芸術大学 デザイン学科卒

 

今回の作品は一日の時間の流れと、空へ飛び立つ瞬間を組み合わせて未知の世界に飛び込んでいく様子を表現しています。

いつどんな時でも夢見る気持ちを忘れずに挑戦したいという思いを込めてタイトルをTRYにしました。

 


前田彩華  MAEDA Ayaka

 

1989年生。三重県出身。大阪在住。

水墨画の古典技法と丸ペンによる細密表現を併せて制作を行う。

主に人物表現、美しいと思うものや理想の世界を描く。

 

【個展】

2014年「アホロートルの幽境」(GALLERY龍屋/愛知)

2017年「泡沫の像」(山田画廊/大阪)

    「心界の天使」(GALLERY龍屋) 

2019年「バリアを張る人たち」(SUNABA GALLERY/大阪)

            「イノセントワールド」(ヴァニラ画廊/東京)

2020年「身の丈の宇宙」(ondo STAY&EXHIBITION/東京)

    「若手アーティストのW個展 井上純也・前田彩華」(高槻阪急)

 

 


松岡柚歩 MATSUOKA Yuzuho

 

画面に向かっているときは何もわからない。目の前に「絵画」はあるけれども、実感がない。

だから「絵画」を知りたいと思う。そうして生まれる画面から、自分の中の「絵画」、そして自分自身を模索している。

支持体とメディウムの間に何があるのかを考えながら制作している。

 

 

1996 年 兵庫県生まれ

2019 年 京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)美術工芸学科油画コース 卒業

2020 年 京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)修士課程芸術研究科美術工芸領域油画専攻 在籍

 

〈主なグループ展〉

2020 年「WEB SPURT 2020」京都芸術大学web ページ

2020 年「ANTEROOM NAHA Phase 2020」ホテルアンテルーム那覇(沖縄)

2019 年「Innocent-P-」国立京都国際会館(京都)

2019 年「HOP」京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ(京都)

2019 年「NEO SEED HANKYU ART FAIR」阪急うめだ本店(大阪)

2019 年「2018 年度京都造形芸術大学卒業作品展」京都造形芸術大学(京都)

 

〈受賞〉

2019 年「2018 年度京都造形芸術大学卒業作品展」優秀賞

 

 


岬ましろ  MISAKI Mashiro

 

h t t p : // m o n o k u r o i s m . c o m /

i n f o @ m o n o k u r o i s m . c o m

 

大阪府在住

2011年 大阪総合デザイン専門学校コミックアート学科 卒業

アパレル系メーカーの企画デザイナー、OSCD/CA学科の教員を経て

2017年よりフリーランスに転向、作家・デザイナーとして活動中

 

墨とアクリルを愛用し、人物画(少女)を中心にエキゾチックな作品を制作。

最近は常世の國をテーマに、キャラクター性の強い作品を描く。

主に関西・東京を中心に展覧会・イベントに出展

年数回、展覧会に参加。個展は毎年開催しています。

イベント企画や展覧会関係の企画運営を主催していたり、グラフィックデザイナーとしてなど、近年は幅広く活動しています。

作家活動と平行しながら、人と人をつなげる場を創ることを目指しています。

 

R11R登録クリエイター https://r11r.jp/

MEBIC クリエイティブクラスター

大阪総合デザイン専門学校コミックアート学科  常勤教員 2014~2018

嵯峨美術短期大学コミックアート分野コミックアート領域 非常勤講師 2018~2021

メルメリィマーケット実行委員会 会長 2015~ / 全制作企画・デザイン制作・運営 担当

 

主な個展

2014 年 

「乙女の偶像」初個展 / 大阪:北堀江ART HOUSE

「和の創作作家と岬ましろアート展・乙女の秘密」/ 大阪:梅田阪神梅田本店9 階

2015 年

「憧憬」大阪:北堀江ART HOUSE

2016 年

「常世の國」東京:新宿Artcomplex Centre

2017 年

「常世の國- 境界-」大阪イロリムラ 巡回展・ 東京Artcomplex Centre 

2019 年

「常世の國- 鏡-」芝田町画廊 巡回展・大阪心斎橋カワチ画材

 

主なグループ展, 企画展

2015 年 

「山笑ふ」二人展(ニーナ×岬ましろ)/ 大阪:なんばユーアーツギャラリー

「白日のサバト」西塚em 企画展参加 / 大阪:中崎町 イロリ村[89] 画廊

2016 年 

「ACT 小品展」SM サイズ限定企画展 / 東京:新宿Artcomplex Centre

「山滴る」二人展(ニーナ×岬ましろ)/ 大阪:なんばユーアーツギャラリー

「ヤングクリエイターアワード2016 入選作品展示会」/ 大阪:MIgallery

2017 年 

「春の宴」企画展主催 / 大阪:イロリムラ

「山装ふ」 二人展(鼎ニーナ×岬ましろ)/ 大阪:なんばユーアーツギャラリー

「カーテンコール」主催企画展 / 大阪:芝田町画廊

2018 年

「山眠る」 二人展(鼎ニーナ×岬ましろ)/ 大阪:なんばユーアーツギャラリー

「1/2 の星空展」 Beauty&Gallery hana 輪 · Gallery&Cafe A QUA 企画展

2019 年

「ODP ドロフェス」ライブペイント&グッズ販売 大OSAKA 画材まつり同時開催

2020 年

「神戸マイクロキャンバスプロジェクト」参加 神戸:モダナークギャラリー

2021年

「ARTIST NEW GATE最終審査展」銀座:Gallery Seek


水馬鉄也 MIZUMA Tetsuya 

 

広島県府中市出身

趣味で油絵を始め、2019年ギャラリーの企画展で活動を開始。

2020年3月ギャラリーそら+にて個展

2020年12月「吉田杯小作品コンテスト」優勝

コンセプトは「閑かで幽かな風景」


米田美香 YONEDA Mika 

 

石川県出身。2018年から大阪で創作活動を開始。

主な画材は鉛筆やアクリル絵具です。植物や女性の絵を描くことが多く、心情を深く考察したくなるような想いのこもった表情を目指して制作しています。